1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫不倫中毒の女と家庭を二つ持つ男のどろどろ夫婦

不倫中毒の女と家庭を二つ持つ男のどろどろ夫婦

私の友人に不倫中毒の女性がいます。(今後A子と略す)
A子は結婚前、現在の旦那と付き合っている頃から浮気癖が強く、常に旦那以外の男性数名と関係を持っていました。

もういい大人ですから、A子が傷付いても自己責任だとだけ伝え、私はA子にとやかく言うことはありませんでした。

そんなA子、その婚約者とは10年以上付き合っており、いつ結婚してもおかしくない状況であるにも関わらず、その浮気癖は納まるどころか段々エスカレートしていき、会う度に違う男の話をしていました。

しかし、婚約者が一番好きで、結婚したいのは婚約者だと常に口にしていました。私には全く理解できず、いつも話しを聞きながら、頭の中はクエスチョンマークだらけでした。

A子結婚

そんなA子、婚約者となんの問題もなく、結婚しました。結婚式もA子はとても幸せそうで、私はこれでやっと浮気癖が直るとほっとしていました。

しかし、そんな私の気持ちとは裏腹に、結婚後暫くして会うと、既婚者だって恋はしたい!女でいたい!と言い出し、結婚前と変わらず不特定多数の男性と関係を持っていました。

相変わらず、旦那が一番と言い続けていましたが。

A子妊娠・出産

結婚後、そんな状況であるにも関わらずA子は子供が欲しいと訴えていましたが、なかなか子宝に恵まれず、不妊治療まで始めました。

しかし、そんな中、性病にかかりました。勿論旦那からではなく、間違いなくA子が不倫している誰かからでした。

そのため、性病にかかっていることを旦那には内緒にして、旦那には体調不良として性生活を拒んでいたそうです。

性病が落ち着いて暫くした後、A子は妊娠しました。が、性病にかかっても、不倫は納まることなく、相変わらず不特定多数の男性と体の関係を持っていたため、誰の子かもわかりませんでした。

幸い生まれてきた子は旦那そっくりで、恐らく旦那の子と思われます。

旦那の知られざる真実

激しく不倫を続けるA子、子どもがいるにも関わらず、友人と出かけるふりをして男と会ったり、お泊りデートなども繰り返していました。

不特定多数の男性なので、当然A子は連絡を取るため、携帯を一時も離せない状況です。

旦那がいても、そのようだったようで、旦那が気づかない訳がありません。

旦那を含めた飲み会があり、A子と離れた席に座っていた旦那は、酔った勢いで色々話し始めました。

どうやら、結婚前から旦那はA子の浮気癖に気づいていたようですが、年齢的なこともあり、お互いの家のこともあり、流れ的に結婚をしたとのこと。そして、今もA子が不倫をしていることも知っているとのことを打ち明けました。

そして、彼の知られざる真実が語られました。実は旦那も結婚後ある女性と関係を持ち、妊娠させてしまったと言うのです。

その彼女は産むことを決心し、無事出産したそうです。それから、時間をみつけては、彼女と子供に会いに行っていると。

そうです、旦那は家庭を二つ持っていたのです。A子との間に子供もいるし、離婚となると厄介だから今は現状維持したいとのことです。

どろどろ夫婦

というわけで、この夫婦、夫婦の仮面を被りながら、お互い不倫をし続けているのです。

そして、真実を知らないA子は、ばれていないと思いながら、不倫と家庭を両方うまくやって楽しみ、幸せそうにしています。

真実を知ったら、一体どうなるのでしょうか…しかし、自分も不倫を続けているだけに、自業自得ですね。