1. ホーム
  2. 探偵事務所
  3. ≫信頼できる探偵事務所の見分け方

信頼できる探偵事務所の見分け方

探偵業法に則り運営されているかが重要

探偵は、探偵業法に則り、適切な運営と個人の権利を保護する必要があります。
探偵業法は2006年に法律案が提出され、同年に可決・成立・公布、翌年の2007年の6月から施行されています。

日本初の探偵は明治22年に日本橋の士族が設立、それ以降は徐々に探偵事務所が増加していきます。

まだ規制がなかった時代に、依頼者との契約内容をめぐるトラブルや違法な調査なども多くなり
悪質な探偵事務所が目に余るようになりました。

そこで探偵業務の適正化を図るために設けられたのが探偵業法です。
これによって、探偵業を営むためには公安委員会に届出の提出が必須となりました。

とはいえ、悪質な探偵事務所の存在がゼロになったわけではありません。
そのため、利用する側が注意して業者を見極めなくてはならないでしょう。
では、以下に探偵事務所を選ぶときの注意点を紹介します。

探偵業届出証明書の確認は必須

まず、届出の確認をしてみてください。
探偵営業所内に、管轄の公安委員会から交付された「探偵業届出証明書」を掲示することが義務になっていますので

証明書の掲載がない場合は違法業者の可能性大、また届出を出していたとしても信頼できる探偵ではありません。
最近ではホームページを開設している探偵も多いですが、各HPでも確認することができます。

HPに曖昧な情報の記載しかない探偵社はアウト!

その他の注意点としては、会社所在地や電話番号が明確ではない、連絡先が携帯電話やフリーメールアドレス、適正料金ではない(追加料金などの有無)などがあります。

浮気調査成功の鍵は探偵社選びに有り

悪質な業者につかまってしまうと、調査を行ってくれない、でたらめな調査報告をされた、見積もりにない料金を取られた、依頼内容をバラされた、依頼内容をもとに恐喝されたなどが報告されています。

このような大きなリスクを回避するためには、事前のリサーチがものをいいます。
安易に依頼するのではなく、見積もりを出してもらって複数社を比較し、口コミなども参考に選んでみましょう。
注意点が守られれば、大きなトラブルなく適切な調査をしてもらえます。

補足

その点でも当サイト推奨の相談サイト「街角相談所-探偵-」への
浮気調査に関する無料相談は大きなメリットを持っています。