1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫入社したての新人は不倫上司のカモになりやすい

入社したての新人は不倫上司のカモになりやすい

私の学生時代の友人が、新卒で会社に入ってすぐに不倫をしました。
そもそも私の友達は学生時代に彼氏がいなくて、あまり男性に対して積極的ではないタイプです。

そんな友達がなぜ不倫なんてしたんだろうと、話を聞いてすぐには理解できませんでした。
しかし友達の話を聞いているうちに、なぜ不倫関係を結んでしまったのかが分かりました。

友達が新卒で入社した会社は大きなメーカーの大手企業です。
友達はそこで、一から十まで直属の上司から指導を受けることになります。
その上司が後に不倫をする上司でした。

結婚をして2年経ち、子どもも一人いる一回りくらい年上の男性社員です。
写真を見せてもらいましたが、決してイケメンではない男性で、どちらかというとアイドルなどが好きな面食いの友達が、その上司に好意を寄せたのがにわかに信じられないくらいでした。

最初はその上司に対して特別な感情を持っていなかった友達ですが、指導をマンツーマンのように受けているうちに少しずつ「彼に気に入られたい」「彼に認めてもらいたい」という気持ちがわいてきたと言います。

そうしているうちに上司に好意を抱いてしまっている自分に気が付いたそうです。
しかも上司が結婚しているとは聞いていなかったために、彼女は彼との未来まで夢見るようになってしまいました。

そんな彼女の気持ちが高まるのを待っていたかのように、上司から二人きりの仕事の打ち上げと称して、飲み会があったそうです。
そしてかなり酔った頃にラブホに誘われて、ふたりは関係を持ったのだといいます。

それから何度も会社帰りにラブホに行き、関係を続けていたのだといいます。

不倫だと気づいたのは、他の社員との飲み会で、その上司が何人もの新卒社員に手を出しているという噂を聞いたことと、上司に奥さんとこどもがいることを聞いた時だといいます。

ふたりきりになった時に、その話を振ると「じゃあ別れよう」と上司は言って、それきりになったといいます。

つまりその上司は新卒狙いのハンターで、話がややこしくなりそうになると別れるという作戦を繰り返している確信犯でした。

新卒でやっと入った会社をすぐに辞めるわけにもいかず、大事にならないように、結局みんなその話を周囲の人にはしないそうです。

そこまで分かってやっている上司に、私は怒りを覚えました。

友達も「よい社会経験になった、むかつくけど」と言っていました。

小さな会社では難しいですが、大企業の場合はこのようなことがまかり通るのかもしれないなと思いました。