1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫友人と上司の社内不倫は意外なことから発覚してしまいました

友人と上司の社内不倫は意外なことから発覚してしまいました

友人が会社の上司と不倫していた話です

彼女は当時20代半ば、上司は40代後半だったと聞いています。

友人が勤めていた会社は東京に本社をおき、全国各地に支社がありました。
彼女は地方の一社員で、上司は本社の役員でした。

上司は数か月に1度支社を訪れる程度だったため、元々顔を合わせる機会も少なく、特別好意を抱くことも意識することもなかったそうです。
そんな2人の距離が縮まったのは、忘年会の居酒屋で席が隣になったことがキッカケでした。

あまり話したことのない本社役員と隣の席になり、彼女はとても緊張したそうです。
ですが、上司はとても優しく彼女の話を聴き、事務員として働く彼女の仕事ぶりを褒めてくれました。

普段支社内の上司から褒められることもあまりなかったため、本社の役員が自分の仕事を褒めてくれたことに彼女はとても感激したそうです。
その日はお酒もすすみ、帰りは上司が自宅まで送ってくれたそうです。

その帰りのタクシーの車内でキスを交わしたことが、彼女の不倫の始まりでした。
それから上司が支社に訪れる度に、彼女は彼と夜の時間を過ごすようになりました。

上司に奥さんと子どもがいることは、最初から知っていましたが、支社にいる間のプライベートは友人が独り占めしていたため、あまり不倫という意識がなかったといいます。
会えない時間が長く寂しかったけど、不倫というより遠距離恋愛をしている気分だったと。

社内不倫発覚

そんな生活を送っていた友人の不倫の恋は、意外なところから崩れてしまいました。
他の地方支社からの噂話です。

友人と不倫関係にあった上司は、別の支社の女子社員ともまた不倫関係にあったというのです。
その別の支社で、彼らの密会が目撃され、発覚してしまったのです。

友人が勤めていた支社へもその噂は伝わりました。
彼女が問い詰めたところ、上司はその女子社員とも不倫をしていたことを認めたそうです。

そして彼女自身気付いていなかったことですが、彼女と上司の密会もまた、他の社員から目撃されており、実は多くの社員が二人の不倫関係を知っていたというのです。

彼と彼女の不倫の結末

元々その上司のことをよく思っていない社員は少なくなく、彼の不貞行為は本社に訴えられて、結果彼は地方支社に左遷されました。
奥さんにもその話は伝わり、結局家庭も失うことになってしまったそうです。

そして私の友人への社内での視線も冷たく、彼女はそのまま働くのが辛くて結局会社を辞めてしまいました。

彼女はその後いい男性と出会い結婚しましたが、旦那さんの地方出張の際は、すごく不安になると言います。
結婚した今だからこそ、当時の自分がしていたことを重く受け止めているようです。