1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫壮絶不倫で将来が、メチャメチャになった友人の話

壮絶不倫で将来が、メチャメチャになった友人の話

出会い

わたしと同期の友人は、比較的男性の多い部署に配属になりました。
でも、とてもあっさりしている友人ですからそんな男性たちの中でも上手く立場を確立して仕事をしていたのです。

私の部署は比較的女性が多かったので、時には陰湿で仕事がやりにくいなあと感じていましたので、うらやましかったですね。

でも男性が多ければ男性が多いなりの悩みもあるそうで彼女からは時々相談を受けていました。

そこで聞いたのはある上司との関係。
入社してすぐにその関係が始まったと言います。

誰にもいっていないし、気が付かないくらいうまくやっているなあと感じた不倫でしたね。
その上司とは仕事の外回りで次第に関係を縮めていき、ある時会社の飲み会の帰りに体の関係になったことをききました。

沈黙

彼女たちは沈黙を貫いて仕事をしていたので、誰も知りませんでした。
その状態が1年くらい続いたでしょうか。

でもある時、奥さんに気が付かれたようです。
しかも会社の誰かの密告により。

会社で知っている人といえば、彼女の口から直接聞いたのは数人です。
でも周りの人も当然知っているかもしれません。1年も経過していれば…

その密告により、奥さんが知ることになり、彼女のマンションに訪問をしてきたというのです。

手切れ金

奥さんは、上司の立場を考えてほしい、そしてこのお金を持って消えてほしいと彼女にお願いをしたそうです。
夫婦の仲は半ば冷めているようでしたが、会社での上司の立場を確立したりすることは妻の役目ととらえていたそうです。
そしてもらったお金は100万円はいっていたそうです。

別れ

そのお金を手にしても彼女はなかなか上司をあきらめることが出来ませんでした。
そして上司と連日話し合い。

それをまた奥さんが浮気をしていると勘違いし、今度は、探偵を使って、会っているときの写真を押さえられたそうです。
それからその写真を今度は会社の上部へ。

その写真のせいで、上司はその会社にいられなくなり、ほかの場所でへの移動を命じられました。
そして必然的に別れさせられたのです。

彼女も100万円受け取りながら、なおも関係を続けるあばずれ女として会社に広まってしまいました。

彼女は不本意でしたが、反論すると余計にことが大きくなると我慢して何も言わずに退職をしていきました。

彼女には申し訳ないけれど、これが不倫の代償だと思います。
彼女はいまだに罪悪感に悩まされていますし、上司を好きな気持ちを引きずって引きこもった生活をしています。

「人生はメチャメチャ」これが彼女の口癖です。