1. ホーム
  2. 離婚
  3. ≫決定的な浮気の証拠をおさえることで慰謝料を高く請求できる?離婚も有利に?

決定的な浮気の証拠をおさえることで慰謝料を高く請求できる?離婚も有利に?

決定的な浮気の証拠を掴んで慰謝料請求・離婚を有利に

既婚者の浮気は不貞行為といい、結婚生活を破綻させるきっかけになり得るとして、慰謝料請求や離婚事由に該当します。

しかし、パートナーが不貞行為を認めない場合は
不貞行為を働いたという動かぬ証拠が必要になります。

この証拠がなくては慰謝料請求も離婚も難しいでしょう。
また、拗れる夫婦は裁判にまで発展することになりますが、裁判になった時には必ず証拠が求められます。

慰謝料はいくら請求できるのか?相場は?

さて、不貞行為における慰謝料請求で気になるのは、いくら請求できるのか?という点でしょう。

裁判上での慰謝料の相場は100万円~500万円くらいとされています。
事案は一様ではないため、条件によって慰謝料の請求額も様々です。

慰謝料計算に影響する事情は、「相手の収入」「不倫の内容の悪質性」「結婚期間」によって決まります。

つまり、パートナーの収入が高い程、不倫による家庭への影響が大きい程、婚姻期間が長い程、多額な慰謝料を請求することができるわけです。

不貞行為における慰謝料請求は精神的苦痛に対してですので
「こんなにも精神的苦痛を受けたんだ」という主張ができれば、請求額も期待できるでしょう。

そのためにはやはり証拠が必要です。
また、もちろん離婚裁判もスムーズにいきます。

不貞行為を立証するための証拠とは?

不貞行為を立証するための証拠は、法的効力を持つものであることが重要ですので、素人が簡単に確保できるものではありません。

具体的には、「パートナーが同一の異性と複数回に渡り肉体関係を持った」という事実です。

例えば、ホテルに2人きりで宿泊した、お互いの家で2人きりで一定時間過ごした現場の証拠写真や動画が必要になります。

もちろん、部屋の中の様子は撮影できないので、ホテルや部屋に出入りするシーンの撮影となるのですが、そのためには尾行や張り込みが必要になるため、探偵に依頼して証拠を確保することが一般的です。

注意点

これは言い換えれば、メールでの卑猥なやりとり、一夜限り、風俗、ハグ、キスなどでは不貞行為を立証することはできないので、注意しましょう。