1. ホーム
  2. 離婚
  3. ≫浮気が原因で離婚した場合の慰謝料の相場って幾ら?

浮気が原因で離婚した場合の慰謝料の相場って幾ら?

不貞行為による離婚の場合、慰謝料の相場は高め?

さまざまな原因が考えられる離婚ですが、その中でも特に原因として多いのが浮気などの不貞行為です。
これは夫婦としての信頼を裏切る最も大きなものとなっており、また社会的にも非常に冷たい目で見られることも少なくありません。
また、この原因の場合は、慰謝料の相場もそれなりに高くなっているのです。

まず、状況を整理する必要があります。

夫婦生活がしっかりとなされていた場合

普通の夫婦生活を行っており継続的に行われている不貞行為によるもの、特にどちらにも問題がなく、あえていえば二人での夫婦生活がしっかりとなされていた場合です。

この場合は、不貞行為が最も大きな理由となりますので慰謝料相場も高くなります。一般的には200万円とも300万円とも言われており、だいたいこのくらいが多いようです。

不貞行為を行った相手にも慰謝料請求が可能

不貞行為が離婚理由となった場合は相手にも請求ができ、その金額はおおむね100万から200万円程度となっています。これは不貞行為の相手から裏切られた側に支払うことになっています。

離婚しない場合

この場合であれば100万円するかしないか程度が相場と言われています。
しかしながら不貞行為が原因で別居したというような場合であれば相場はもう少し高くなります。

ちなみに…相手の性別は問いません。
仮に同性愛ということがあっても、パートナーやその相手に対しての請求は可能になるのです。

ただ、これはあくまでも相場です

まさにケースバイケースであり、慰謝料が高くなるケースや低くなるケースもあります。

高くなるケース

婚姻期間が長かったり、相手の収入が高かったり、請求する側の年収が高かったり、養育が必要な子供の数が多かったりというような場合です。このような場合にはもっと高額になることがあり、中には一億円なんて金額を支払った人もいるようです。

また、不貞行為の期間や、不貞行為により子供が産まれている場合、不貞行為により法律で定められたパートナーがうつ状態になった場合などに費用が更に高くなります。

そしてそれ以外のパートナーの瑕疵によっても変わり、例えば暴力行為があったり、悪意の遺棄があったり、セックスレスなどの問題があれば追加して高額になるケースがあります。

低くなるケース

パートナーではなく請求する側が拒否したセックスレスや暴力行為、悪意の遺棄があったり、あるいは家事をしなかったり家庭の維持に対して協力的ではなかったというような場合です。

また、相手の収入が低かったり婚姻期間が短い場合もある程度慰謝料の低さは考えられますが、このような面は普通に夫婦としての生活を行っていれば特に問題がないケースもあります。

まとめ

ケースバイケースであるということを常に頭に入れて考えておく必要があるでしょう。
また、繰り返しになりますが、浮気の場合は相手からも取ることが出来ますので、それも考えておくといいでしょう。

そういったおおよその慰謝料の見込み額についても相談先で聞いてみるのもよいかと思います。