1. ホーム
  2. 浮気調査
  3. ≫浮気調査を自分で行うメリット・デメリットについて

浮気調査を自分で行うメリット・デメリットについて

浮気調査を自分で行うメリット

何よりのメリットは費用がかからないこと

浮気調査を探偵社などに依頼せず自分で行うことには、いくつかのメリットが考えられます。
その一つが、調査料などの費用がかからないというものです。

通常、探偵社などに調査を依頼すると、一日あたり幾らというように調査料金が取られます。

これは探偵社では人員を割いて調査に当たらせているためで、人件費や調査にかかった費用などを回収する必要があるためです。

調査が長引くほど、また困難であればあるほど料金は高くなるため
それを自分で行うことは金銭的なメリットがあると言えます。

プライベートを知られることがない

プライベートを誰かに話す必要がない点も、浮気調査を自分で行うことで得られるメリットです。

探偵社に調査を依頼するにあたっては、調査対象となる人物だけでなく
その人物と自分との関係や家庭環境など様々な項目について問われることになります。

場合によってはそうした調査項目の中には、話したくないことも含まれているかもしれません。
かと言って伏せたままにしておくと調査も進まないことになり、費用の無駄になってしまいます。

迅速に調査を終えるためにはどんなプライベートでもあからさまに話す必要があり、人によっては苦痛と感じかもしれません。
自分で調査するのであれば、これらの嫌な思いをすることはありません。

一方で、自分で浮気調査することにはデメリットもあります。

浮気調査を自分で行うデメリット

顔がわれているので自ら尾行を行うのは難しい

多くの人は探偵や調査の経験がありませんから、対象となる相手を上手に尾行するのは困難です。

あなた本人が尾行するとなると顔が知られているため相手に気付かれるリスクはかなり高いでしょう。

尾行中に不審な行動が目立てば、周囲の人から不審人物として通報されてしまうというようなこと、またそれに近い何らかのトラブルの発生も考えられます。

ツールを使うのにも技術・ノウハウが必要

最近の調査ではGPSなどの最新技術が使われていますが、素人ではそうした技術を使いこなすのも難しいでしょう。

特にGPSで結果を出すには、GPS装置の取り付け方や監視の方法など様々なノウハウが求められます。

これらの調査に欠かせない技術を持たないのは、個人が自分で調査する際のデメリットと考えられます。

証拠を押さえるのも素人には難しい課題

プロが使うような高倍率のカメラ機材は所有していませんし、暗視カメラなども持っていることはないでしょう。
これでは相手に気付かれずに証拠を抑えるのも難しくなります。

浮気調査で欠かせない証拠を押さえるためには、しっかりとした調査技術を持つプロに依頼したほうが良いと言えます。

まとめ

やはりネックとなるのは浮気調査の費用と言えますね。

プライベートを話すことが苦痛と感じる人もいるかもしれませんが、逆に無料相談をすることで気持ちが晴れ、前向きに調査を行える方もいます。

つまり自分で浮気調査を行うメリットは
「費用を抑えることが出来るという一点」と言っても過言ではないでしょう。

本来の目的は?

あなたの本当の本当の目的は、これからの人生を今よりも良くすることだと思います。

その為に相手の浮気現場をしっかりと証拠として残し、離婚 or 関係の改善 どちらかを選択していくことでしょう。

調査費用を抑えることはとても重要なことではありますが
そこに重点を置き過ぎるのは本来の目的からずれていることになってしまうでしょう。

浮気調査は失敗が許されない調査です。
一度失敗すればその後、証拠を押さえることが出来る可能性は急降下します。

費用を抑え自ら調査することでどこまで出来るのか
その難易度が低いのか高いのか…

調査結果を得た後、どう今後の人生を進めていくのか…

自分で浮気調査を行う前に、今一度冷静な気持ちで様々なことを考慮し判断することが必要です。