1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫独身時代の妻が会社の上司と不倫をしていた話

独身時代の妻が会社の上司と不倫をしていた話

これは私の妻の話です。

私たちは小学校時代からの幼馴染でして、中学校の卒業を機にバラバラにはなりましたが、成人式で再会してからはちょくちょく会うようになっていました。
もっともその頃には恋愛感情は無く、あくまでも幼馴染の友人の一人という位置付けだったと思います。

こうして5年ほどが経過したでしょうか。その頃には良い飲み仲間として、お互い暇があれば一緒に安い居酒屋へ行ってはくだらない飲み会をするようになっていました。
そして「あの日」も、いつものように二人で安い居酒屋へ繰り出して、二人で酒を飲んでいました。

突然の携帯着信

すると、突然彼女の携帯電話が着信したのです。普段は気にもしませんが、彼女がそれをジッと見つめていたので気になってしまいました。
そして私が出るように促すと、彼女は突然泣き出したのです。

何が何だから分からなかった私ですが、酔った勢いで泣いているのではないことは、これまでの飲みで理解しています。
これは間違いなく、この着信によってもたらされた涙です。

そこで私は何かあったのか理由を聞くことにしました。
すると、彼女がポツリポツリと話をし始めたのです。

新入社員時代から上司と不倫

右も左も分からない新入社員の時、色々と指導をしてくれた上司と不倫の仲になってしまったそうです。
しかも驚くべきことに、入社して1ヶ月もしないうちに身体の関係になってしまったのだとか。

ちょっと信じられない話ですが、それから現在まで3年間ほど関係が続いているのだそうです。
しかし最近は、上司の方が暴走をしてきて「妻と離婚をする」「君と結婚できるなら会社を辞めても良い」と執拗に迫ってくるようになったそうです。

恐らく、さっきの着信もそうなのでしょう。
しかし彼女としては、いい加減関係を清算したいと考えているようです。

それというのも、あれだけ頼りになると思っていた上司が、想像以上に我がままで子供っぽい性格だったことが分かってきたからです。
もっとも、そのようにしてしまった彼女の方にも非はあります。

それを承知の上で別れたいと口にしているようなのですが、今度は「不倫がばれたら俺もお前もどうなるか分からない」「クビになるぞ」と言い放ち、挙句は「じゃあ一緒に死のう」と迫ってきているそうなのです。

これまで恋愛に関する話はあまりしてきていなかったので、まさか彼女がそんなドロドロの不倫をしていたとは知りませんでした。

しかし、このまま放っておけば新聞に載るような事態に陥るかもしれません。
そこで私は彼女の携帯を取り上げ、着信履歴の電話番号へかけ直し「おい!俺の彼女に何してるんだよ!」と啖呵を切ってやったのです。

向こうは突然の男の登場に焦り、「アイツは俺を裏切ったのか!」などと訳の分からないことを叫んでしました。
自分の方こそ奥さんを裏切っているのに、滑稽ですね。

会社を退社、そして

結局、彼女はこれが原因で会社を辞めることになりました。
と言うよりも、私が辞めるように言いました。

ちなみに、トラブルになるのも困るので、上司との不倫は黙って辞めるように言いましたね。
形の上では「寿退社」ということにして。

その後、それまで以上に会う頻度が増えた私たち。
彼女は完全に私を頼るようになり、私もそんな彼女に別の情が湧いてしまっていました。

こうして結婚をするまでになったのですが、何となくなるようになった感じですね。
今では貞淑な良い妻ですよ。