1. ホーム
  2. 知人の浮気体験談
  3. ≫私の同僚が浮気をされて離婚をした話

私の同僚が浮気をされて離婚をした話

私は事務職をやっており、昼休みに会社の事務員さんたちと一緒にお昼を食べております。
そのときふと同僚の方が今度浮気をして離婚をされるという話を聞きました。

その同僚の方ですが女性の方で、18歳の時に妊娠をされて結婚をされた人で年は現在22歳です。

そして話を聞くと、結婚した当初はうまくいっていたらしく、男の人も浮気などをせず円満な夫婦生活を一年ほど続けていたそうです。
しかし男の人は夜遊びが好きなみたいで、だんだんと帰ってくる時間が遅くなったりしてきて、ついには1週間に2回ほどしか午前0時までに帰宅をしなくなったと言われていました。

また、男性が寝ているときにスマートフォンが鳴っているのでその女性が出ると、女の人が出たそうです。
そして話をすると男性が結婚しているのを隠して、電話の女性と連絡を取っていたのが判明したそうです。

当然同僚の女性は怒り心頭で、まず電話の相手に男性がもう結婚しているから連絡をしてこないでくれと伝えたそうです。
そして寝ている男性を「ジャンプ」などものを投げて、起こし電話のことを問いただしたそうです。

すると男はすぐに女性とスマートフォンで連絡をとっていることも認めて、泣きながら土下座を始めたそうです。
しかし同僚の女性は許すことができず、男性にマンションから出ていくように言い、男性は玄関前で泣きながら土下座を続けていたみたいです。

そして朝になり、同僚の女性が玄関を見に行くと男性がパジャマ姿でごうごういびきをかきながら寝ていたのを見て、なんでこんな人と結婚してしまったのかと女性は考えたそうです。

そこで同僚の女性は離婚を考えたそうですが、子供のことを考えたみたいで今回だけは男の人を許すことにしたそうです。

そして結婚3年目まではなんとか大きな問題がなくやってきたようですが、ふとあるとき、男性のスマートフォンから音がするので見ると、女性の人からラインの連絡きているのを見たそうです。

このことに女性はもう男性とやっていけないことを悟り、男性と離婚を決めたそうです。
そして同僚の女性は実家に子供を連れて帰り、離婚手続きを行ったそうです。

離婚手続きですが、かなり時間がかかるみたいで、同僚の女性の場合離婚して苗字を変えるまで、1年と2か月ぐらいかかったそうです。そして離婚をするときに男性を裁判で訴えて、結果男性に非があると認められて200万円を男性から慰謝料としてとれたと言われていました。